JAF Tsukuba Circuit Trial Championship

開催クラス

JAF選手権部門

2022年JAF国内競技車両規則第3編スピード車両規定に従った車両で、下記の10クラス区分(JAF選手権クラスは9クラス)に従った車両とする。
過給装置付エンジンはもとの排気量の1.7倍のクラスとみなし、ロータリーエンジンはもとの排気量の1.5倍のクラスとみなす。

区分排気量と駆動方式
CT1 排気量制限無し・駆動制限無しのB車両
GRヤリス(GXPA16)、スープラ(DB42)、WRX STI、ギャランフォルティス、ランサーエボリューション、GT-R、レクサスLFA 、レクサス LC500、フェアレディZ(Z34)、マクラーレンP1/720S、フェラーリ812スーパーファスト/F8トリブート、ランボルギーニ・アヴェンタドール、ポルシェ911(ターボ)、ゴルフR
CT2 排気量制限無しの2輪駆動のB車両
スープラ(B48)、ヴィッツGRMN、NSX、シビックタイプR(FK2/FK8)、RX-7、マツダスピードアクセラ、フェアレディZ(Z33)、シルビア、ポルシェ911(NA)/ケイマン、プジョー208GTi、ロータス・エヴォーラ/エキシージ、ミニ・ジョンクーパーワークス
CT3 自然吸気、排気量制限無しの2輪駆動の国産車メーカーのB車両
シビックタイプR(EK9/EP3/FD2/FN2)、インテグラタイプR、S2000、RX-8
CT4 気筒容積2400cc以下の2輪駆動の国産車メーカーのB車両
86(ZN6)、BRZ(ZC6)、スイフトスポーツ(ZC33S)、ロードスターRF(NDERC)、ロードスター(NCEC)
CT5 気筒容積1600cc以下の2輪駆動の国産車メーカーのB車両
スイフトスポーツ(ZC31S)、ロードスター(NA6CE/NB6C)
CT6気筒容積1500cc以下の国産車メーカーのB車両
ロードスター(ND5RC)、ヤリス、MAZDA2、デミオ、カプチーノ
CT7気筒容積1500cc以下の2輪駆動のPN車両のうち、FIA/JAF公認発行年またはJAF登録年が2012年1月1日以降の限定販売されていないカタログモデルの車両
GRヤリス(MXPA12)、コペンGRスポーツ、ロードスター(ND5RC)、MAZDA2 15MB(DJLFS)、ノートNISMO S(K13改)、マーチNISMO S、フィットRS(GK5)、S660、N-ONE、アルトワークス(HA36S)
CT8オートマチック限定免許で運転できる、国産車メーカーのSUVタイプのP・AE車両(AE車両の改造範囲は、P車両と同等とする)
ハリアー、RAV4、CR-V、CX-5、フォレスター、エクリプスクロス
CT9オートマチック限定免許で運転できる、国産車メーカーの軽自動車タイプのP・AE車両(AE車両の改造範囲は、P車両と同等とする)
コペン、S660、N-ONE、アルト、カプチーノ

性能調整として、NSXはCT2クラス、シビックタイプR(EK9/EP3/FD2/FN2)、インテグラタイプR、S2000、RX-8はCT3クラスにのみ参加を認める。

出場車両例に関する詳細は各オーガナイザーへご確認ください。


CLOSED部門(賞典外クラス)

ライセンスを所持していない方を対象としたB車両(駆動方式、気筒容積区分なし)。競技会への体験参加を目的とし、シリーズ及び各競技会の賞典の対象外とする。